名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。交通事故・過払い金・債務整理の無料法律相談実施中!

過払い請求・債務整理・交通事故~名古屋駅の弁護士

片山総合法律事務所の無料相談

〒450-0002愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9堀内ビル2階

休業日:土曜・日曜・祝日

アクセス:名古屋駅より徒歩3分

相談予約申込専用電話

052-533-3555

営業時間:10:00~17:30

過払い金請求の無料相談
片山総合法律事務所エントランス

過払い金(払いすぎた利息)は、今すぐ取り返しましょう!

過払い金返還請求~名古屋駅の弁護士

過払い金の仕組み

CMなどでよく耳にする「過払い金」。

 

この「過払い金」は、どのようにして発生するのでしょうか。

 

わかりやすい例でご説明すると、たとえばAさんがある消費者金融から100万円を借りました。

利息は年30パーセントで、1年後に一括して返す約束をしたとします。

 

1年後、Aさんは、元金の100万円に利息の30万円(100万円の30パーセント)を加えた130万円を返しました。 

 

ところが、「利息制限法」という法律では、お金を借りる際の利息に上限があります。

100万円の借り入れの場合は、年に15パーセントまでしかつけてはいけません。

 

そうすると、本来、Aさんは、元金の100万円に利息分15万円をつけた115万円を返せばそれで良かったわけです。

 

ところが、最初に年30パーセントという違法な金利で借りたため130万円返したわけです。

 

この実際に返した130万円と本来返すべき115万円との差額、15万円を、Aさんが消費者金融に対して払い過ぎたことになるわけです。

この15万円がいわゆる「過払い金」です。

 

このように「過払い金」とは、過去に消費者金融やカード会社が、利息制限法を超える違法な金利で貸し出しをしていたことにより発生するものなのです。 

 

利息制限法では、以下のように制限金利が決められています。

  • 10万円未満の借入の場合・・・年20%
  • 10万円以上100万円未満の借入の場合・・・年18%
  • 100万円以上の借入の場合・・・年15%

これを超える金利(例えば年29.2パーセントなど)で借り入れをしていた場合が、過払い金の発生する条件です。

 

すでに借り入れたお金を返済し終わっている場合はもちろん、現在、借入残高が残っていても、取引の期間が長ければ適法な金利で計算し直すと、実際にはとっくに借入金は支払終わっていて、過払い金が発生しているケースもたくさんあります。

 

まずは名古屋駅弁護士無料相談にお越し頂ければと思います。 

 

過払い金各社の状況

 

過払い金請求に対する各社ごとの対応を見ていきましょう。

 

こちらのホームページでは匿名で書いておりますが、名古屋駅の弁護士無料相談にお越しいただければすべて実名でお話しいたします。

 

なお、以下に記載した内容は、これまで多数の案件を担当してきた私の個人的な経験です。

従いまして、当然のことながら今後変化する可能性があります。

 

この原稿を書いている時にも、静岡県の丸和商事の経営が破たんしました。


▼AI社 ・過払い金計算額の半額もしくは3割の提示。
      裁判を起こせば、提示額は上がります。
     ・過払い金の全額回収を進めようとすると、
      控訴審まで裁判が長引きます。


▼P社  ・過払い金計算額の7割ほどの提示。
      裁判を起こせば、過払い金の全額回収が可能です。


▼AC社 ・過払い金計算額の8割ほどの提示。
      裁判を起こせば、過払い金の全額回収が可能です。


▼C社  ・過払い金計算額の6割ほどの提示。
      裁判を起こせば、過払い金の全額回収が可能です。


▼S社  ・過払い金の計算額の8割ほどの提示。
      裁判を起こせば、過払い金の全額回収が可能です。


▼カード会社 
     ・各社とも過払い金計算額の7割から8割の提示。
      裁判を起こせば、過払い金の全額回収が可能です。

 

過払い金請求ならお任せ下さい!

「CMが流れているから安心」

「たくさんの相談実績や裁判実績があるから安心」

そんな基準で弁護士を選んでいませんか?


武富士や丸和商事の経営破たんに代表されるように 消費者金融やカード会社の経営が危うくなっている今日、一番大事なのは解決までのスピードです。

 

過払い金回収をめぐるトラブルが相次ぐ中、どれだけ一人一人のお客様を大事にするかということは、解決までのスピードと連絡の密さに現れます。

 

過払い金の回収までの流れを知り尽くした弁護士だからこそ東海地方で断トツの口コミと評判を集めています。

 

過払い金の専門家を選ぶ際の注意点

 

過払い金の請求を弁護士に依頼される際にご注意していただきたい点がございます。

弁護士の中には、年間数百件や通算数万件など、これまでの回収実績をことさらに強調する事務所があります。

「実績があれば安心」とお考えになられる方も多いかもしれませんが、実はここに落とし穴があります。

 

日本弁護士連合会(日弁連)は、平成23年2月に債務整理に関するルールを作りました。

この背景には、過払い金の請求をめぐって、上記のような実績を強調する事務所を中心に、依頼者と弁護士との間のトラブルが多かったことが背景にあります。

 

「依頼したのに弁護士から連絡がない」、「過払い金が数社から返還されているのに、途中返金をしてくれない」、「依頼したのに半年経っても全然解決していない」など、過払い金の大量処理型事務所に対する依頼者の不満はインターネット上に数多く書かれていますし、私もご相談にいらした方からそのようなお話を聞くこともあります。

 

消費者金融やカード会社の経営が苦しくなり、過払い金請求が難しくなってきた今日、過払い金請求を進める上で、最も大事なことは、「スピード感」です。

依頼をお受けしてからどれだけ早く過払い金の回収を進めるのかというのが、一番大事なのです。

依頼をされる方にとっても、大事なのは、その事務所がどれだけの回収実績があるかという点ではなく、「自分の依頼をどれだけ熱意をもって、きちんと取り組んでもらえるのか」という点にあると思っています。

大量にある案件の一つとして、数百分の一の案件として取り組まれることは、望まないはずです。

 

私は、常に、「自分が依頼者だったらどう思うか」という視点で、仕事に取り組んでいます。

「自分だったら連絡してほしいな」というタイミングには必ず連絡をいれますし、「できるだけ早く回収を進めてほしいな」と自分だったら希望する件については、依頼者の期待を上回るスピードで回収を進めます。

 

以上のように、過払い金を請求するために弁護士を選ぶ際には、「実績があるから安心」という漠然とした固定観念にとらわれることなく、「自分の案件にどれだけ熱意をもって取り組んでもらえるか」という「お客様の視点」で選ばれることをお勧めいたします。

 

過払い金・どの会社で過払い金がでるのか?

「借り入れ当初の利息を覚えていない」という方も多いかと思います。

 

これまで私が多数のご相談を受けて過払い金が発生する可能性の高い会社をご紹介しておきますので、参考にしていただければと思います。

 

カード会社は、キャッシングの利用の場合です。

カード名と会社名が合致しないこともあるので、カード裏面のカード会社の名前をご確認いただければと思います。

 

なお、平成19年以降に取引を開始した方は、もともと利息制限法の制限利息の範囲内(100万円以上は15%、10万円以上100万円未満は18%、10万円未満は20%)で借入れをしている可能性が高いので、過払い金が発生する可能性は高くありません。

 

【消費者金融】

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス(ポケットカード(三洋信販)も)
  • レイク(新生フィナンシャル)
  • CFJ(ディック、アイク、ユニマット)
  • シンキ(ノーローン)=現在の新生パーソナルローン
  • クレディア(フロックス)
  • ライフ(アイフルに吸収合併)
  • ユニーファイナンス
  • 全日信販など

 

【カード会社】

  • 三菱UFJニコス(日本信販、マイベストカード、シェルスターレックスカード、ニコスカードなど)
  • クレディセゾン(セゾンカード、UCカード)
  • イオンクレジットカード
  • セディナ(セントラルファイナンス、OMC、クオーク)
  • オリエントコーポレーション(オリコカード、アメニティカードなど)
  • アプラス
  • アプラスパーソナルローン
  • 丸井カード(エポスカード、ゼロファースト)
  • UCSカード
  • ワイジェイカード(楽天KC(国内信販))
  • ポケットカード(マイカルカード)
  • ニッセン・ジー・イー・クレジット(マジカルカード)
  • サンステージ(ベルーナノーティス)など

 

CFJ(ディック・アイク)の過払い金

プロミスやアコムなどに比べると知名度は圧倒的に劣りますが、過払い金の発生する会社にCFJ合同会社という会社があります。

この会社は非常に高い金利で貸し出しを行っていて、現在残高がある方でも取引が長い方は調査の結果過払い金が発生している可能性が非常に高いのです。

CFJ合同会社は、平成20年6月に、すべての融資業務から完全撤退することを表明し、平成21年6月27日から融資業務を行っていません。

現在では、融資残高はピーク時から97%減少し、従業員の数もピーク時の3%以下となっています。

そして平成28年8月には、貸金業者の登録更新を行いませんでした。

CFJ合同会社への過払い金請求は、今すぐ着手する必要があります!

「DIC(ディック)カード」「AIC(アイク)カード」をお持ちの方で取引が長い方、「DIC(ディック)カード」「AIC(アイク)カード」を使って以前取引をしていた方は、ぜひ名古屋駅の弁護士・過払い金の無料相談をご利用ください。

 

片山総合法律事務所・無料相談のご予約はこちら

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。無料相談のご予約はお電話・ネットにて受け付けております。

片山総合法律事務所受付

お気軽にご予約下さい!

初回無料法律相談
  • 過払い金を請求したい!
  • 債務の整理を進めたい!
  • 交通事故の示談交渉を任せたい!

名古屋駅徒歩3分の当事務所での法律相談です。

ご予約をお待ちしております。

お電話でのご予約はこちら

片山総合法律事務所

予約専用電話

予約受付:

平日のみ10:00~17:30

※電話相談は行っておりません。

受付時間:10:00~17:30(平日のみ)

※電話相談は行っておりません。

ご予約申込はこちら!

片山総合法律事務所入り口

片山総合法律事務所

052-533-3555

◆お電話でのご予約受付
 平日10:00~17:30
※ご予約専用電話です。電話での相談は行っておりません。

ネット予約はこちら

片山総合法律事務所

片山総合法律事務所受付

お電話でのご予約

052-533-3555

ご予約はお電話・ネット予約にて受け付けております。

事務所名

片山総合法律事務所

サイト名

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の無料法律相談

弁護士名

片山 木歩
(愛知県弁護士会所属)

住所

愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9堀内ビル2階

アクセス

JR名古屋駅   徒歩3分
地下鉄名古屋駅  徒歩3分
名鉄名古屋駅   徒歩4分
近鉄名古屋駅   徒歩4分

営業時間

午前 10:00~12:00
午後 13:00~17:30

休業日

土曜日・日曜日・祝日

事務所概要はこちら

弁護士ごあいさつ

弁護士片山木歩~片山総合法律事務所

弁護士 片山 木歩

愛知県弁護士会所属