名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。交通事故・過払い金・債務整理の無料法律相談実施中!

過払い請求・債務整理・交通事故~名古屋駅の弁護士

片山総合法律事務所の無料相談

〒450-0002愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9堀内ビル2階

休業日:土曜・日曜・祝日

アクセス:名古屋駅より徒歩3分

相談予約申込専用電話

052-533-3555

営業時間:10:00~17:30

片山総合法律事務所エントランス

過払い金請求での争点や知っておいた方が良い知識についてまとめてあります

過払い金請求の基礎知識・争点など

過払い金請求の争点・問題点

過払い金を請求する際に、問題となりうる点についてまとめてみました。

 

1 消滅時効

過払い金は、法律的には、「不当利得」と言います。

「不当利得」は10年間で消滅時効にかかってしまうため、最終取引日から10年以内に業者に請求しないと、法律的に1円も請求できなくなってしまいます。

もう一度繰り返します。

最終取引日(通常は最後に返し終わった日)から10年で過払い金は時効となります。

過払い金を時効にかけてしまう方は、今でもとてもたくさんいらっしゃいます。

過払い金のご相談・ご依頼はお早めに!

 

2 取引の個数

途中で債務を完済して、再度取引を開始した場合に問題となります。

前半の取引については、前半の取引の終了時から10年間が過ぎてしまうと、消滅時効にかかってしまうため請求できないという問題が発生するのです。

途中完済があったとしても、解約手続きがあったかなかったかなどにより「事実上1つの連続した取引」と認定される可能性もあります。

ただ、この途中完済についての裁判所の態度は年々厳しくなってします。

一度完済した時期から10年間が経過しそうな方はお早めに名古屋駅の弁護士・無料相談をご利用されることをお勧めいたします。

 

3 債権譲渡

少し難しい言葉ですが、たとえば、貸主がA社からB社に変わった場合、A社との取引との間で発生した過払い金がB社に引き継がれるかという問題です。

どのような会社同士で債権譲渡がなされたかにより裁判所の判断が異なる場合もあります。

無料相談時に詳しくご説明差し上げます。

 

4 昔の履歴の不開示

平成一桁より前の取引履歴について、会社によってはすでに廃棄処分してしまっていて、残っていないというケースがあります。

具体的には、レイクやニコス、オリコなどが平成5年以前や平成7年以前の取引履歴を勝手に廃棄してしまっているため、借入と返済の記録が出てこない事があります。

履歴が残っていない以上、依頼者の方と業者との取引をすべて計算していくことはできないので、過払い金の金額について、業者の主張との間で大きな差が出ることがあります。

 このようなときは、経験豊富な弁護士が、ご本人にお話を伺い、客観的な証拠があればそれに基づいて、当時の取引を再現していきますので、ご安心ください。

 

5 過払い金に利息が発生するか(悪意の受益者)

現在の過払い金返還請求訴訟で、業者側が必ずと言っていいほど争ってくるのがこの点。

簡単に言うと、業者側が違法金利であることをわかって貸し出しをしていたのかという問題なのですが、違法金利であるということをわかって貸し出しをしていたということになると、過払い金に年5パーセントの利息が付きます。

この点についても、経験豊富で過払い金について研究を怠らない弁護士が、無料相談時にわかりやすくご説明差し上げますので、ご安心ください。

 

※この他、事案に応じて、様々な問題点がございますが、名古屋駅の弁護士・過払い金の無料相談では、すべてクリアになるよう細かくご説明差し上げますので、ご安心ください。

  

過払い金の専門家・弁護士と司法書士の違い

過払い金の回収は、弁護士の他にも司法書士が取り組んでいます。

では、弁護士と司法書士との違いはどこにあるのでしょうか?

一番の違いは、「弁護士はどこの裁判所でもご本人の代わりに裁判に出られるけど、司法書士は簡易裁判所だけしかご本人の代わりに裁判に出られない」というところにあります。

 

過払い金が140万円を超えた場合、貸金業者を相手取った過払い金の返還請求の裁判は、地方裁判所に訴えを提起します。

この場合、弁護士であれば、ご本人の代わりに裁判に出ていくことができますが、司法書士の場合は、地方裁判所での代理権を認められていないため、ご本人が直接裁判所にいかなくてはなりません。

裁判は平日の昼間に開かれますので、ご本人がお仕事の休みをとって裁判所に行き、裁判官からの質問などに答えないといけないのです。

また、貸金業者が簡易裁判所での判決を不服として「控訴」してきた場合、裁判は地方裁判所で続きます。

ところが、このケースでも司法書士だとご本人の代わりに裁判所に行くことができません。

 

法務大臣認定司法書士は、過払い金の金額が140万円を超えた件については、裁判外の相手方業者との交渉もすることはできません!

このように、司法書士の場合、ご本人の代わりにできる範囲が限られてしまうため、過払い金をしっかりと回収しようとすると、ご本人が直接裁判所にでかけたり、ご本人が相手方業者と交渉を進めないといけないケースが出てきます。

 

過払い金の回収は、最後までお任せして頂ける名古屋駅の弁護士にご依頼ください。

 

法務大臣認定司法書士って弁護士と同じ?

過払い金の消滅時効に注意!

過払い金にも時効があるのは、みなさんご存知ですか?

最高裁の判例では、最終取引日から10年間が経過してしまうと過払い金が消滅時効にかかってしまいます。

たとえば、平成14年にある消費者金融にまとめて返して債務をゼロにした人は、すでに過払い金が消滅時効にかかってしまい1円も返ってこないのです。

 

現在では、過払い金についてCMなどがたくさん流れているので、全然知らないという方は少ないと思いますが、それでも実際に、過払い金の回収に向けた行動に移される方はごく一部です。

今でも毎年多くの過払い金が時効にかかってしまい、相手方業者だけが喜ぶ結果となってしまっています。

 

「いつか、いつか」と思っている方。

今こそ行動を起こしてみませんか?

過払い金は行動が大事です。

「面倒くさい」と思っている方もご安心ください。

一度名古屋駅前の弁護士の無料相談にお越し頂ければ、その後は何度も足を運んでいただく必要はございません。

ご依頼いただいた後は、交渉や裁判など全て弁護士である私が進めていきますので、ご本人にそれほどお手間はかけないのです。

 

過払い金はあなたのお金です。

過払い金をきちんと取り返すために、今すぐご相談をご予約下さい。

 

片山総合法律事務所・無料相談のご予約はこちら

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。無料相談のご予約はお電話・ネットにて受け付けております。

片山総合法律事務所受付

お気軽にご予約下さい!

初回無料法律相談
  • 過払い金を請求したい!
  • 債務の整理を進めたい!
  • 交通事故の示談交渉を任せたい!

名古屋駅徒歩3分の当事務所での法律相談です。

ご予約をお待ちしております。

お電話でのご予約はこちら

片山総合法律事務所

予約専用電話

予約受付:

平日のみ10:00~17:30

※電話相談は行っておりません。

受付時間:10:00~17:30(平日のみ)

※電話相談は行っておりません。

ご予約申込はこちら!

片山総合法律事務所入り口

片山総合法律事務所

052-533-3555

◆お電話でのご予約受付
 平日10:00~17:30
※ご予約専用電話です。電話での相談は行っておりません。

ネット予約はこちら

片山総合法律事務所

片山総合法律事務所受付

お電話でのご予約

052-533-3555

ご予約はお電話・ネット予約にて受け付けております。

事務所名

片山総合法律事務所

サイト名

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の無料法律相談

弁護士名

片山 木歩
(愛知県弁護士会所属)

住所

愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9堀内ビル2階

アクセス

JR名古屋駅   徒歩3分
地下鉄名古屋駅  徒歩3分
名鉄名古屋駅   徒歩4分
近鉄名古屋駅   徒歩4分

営業時間

午前 10:00~12:00
午後 13:00~17:30

休業日

土曜日・日曜日・祝日

事務所概要はこちら

弁護士ごあいさつ

弁護士片山木歩~片山総合法律事務所

弁護士 片山 木歩

愛知県弁護士会所属