名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所。交通事故・過払い金・債務整理の無料法律相談実施中!

過払い請求・債務整理・交通事故~名古屋駅の弁護士

片山総合法律事務所の無料相談

〒450-0002愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9堀内ビル2階

休業日:土曜・日曜・祝日

アクセス:名古屋駅より徒歩3分

相談予約申込専用電話

052-533-3555

営業時間:10:00~17:30

自己破産の無料相談
片山総合法律事務所エントランス

自己破産は、債務を全て精算し、再スタートを切るための手続きです。

自己破産

自己破産の利用もお考えください

▼借入がどんどん膨らんでいき、収入もなく、返すメドがまったく立たない。

そのような状況に追い込まれた時に取るべき方法は、「自己破産」です。 

▼「自己破産」と聞くと、とても暗いイメージを浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、破産の制度の目的というのは、誠実な債務者に経済的な立ち直りの機会を与える点にあります。

つまり、破産ですべてが終わってしまうというのではなく、破産した後に、経済的に立ち直るための制度なのです。

良い意味で前向きに人生を生きていくために、「自己破産」という制度の選択も検討してみてください。 

  

自己破産制度とは?

自己破産の制度には、独特の用語が使われます。

ただでさえ、借金の問題で疲弊しているのに、難しい言葉を次々に言われても大変だと思いますので、わかりやすく解説します。

 

1・破産とはどのような制度か?

破産とは、自分の財産や収入を全部出しても、全ての債務(借金)を払えなくなった場合に、原則的には、持っているすべての財産をお金に換えて、そのお金をすべての債権者(お金を貸している人や会社)に公平に分配し、債務を清算する制度です。

それでは、持っている家具や洋服も含めて身ぐるみ剥がされるかというと、そうではありません。

 

 

2・管財事件と同時廃止

▼破産をしようとする人の財産をお金に換える手続きは、裁判所が選んだ「破産管財人」という弁護士が行うことになっています。

これが破産の原則的な形態で、「管財事件」と呼ばれるものです。 

この「管財事件」になった場合でも、全ての財産がお金に換えられて、債権者に配られるわけではありません。

申立てを行うことにより、99万円までの財産は、手元に残すことが認められています(「自由財産」と呼ばれています)。 

▼一方で、破産管財人の報酬など破産手続きを進めるために必要な費用を払うことができないほど財産がない場合には、破産手続き開始決定と同時に手続きが終了します。

これは、破産の例外的な形態で、「同時廃止」と呼ばれています。

この「同時廃止」の手続きになった場合には、財産を処分してお金に換えるという手続きは行われません。

どれだけの財産があると、管財事件にのなるのかという運用については、裁判所によって異なります。

またご相談の際に詳しくご説明申し上げますので、どうぞご安心ください。

 

 

3・「免責」とは? 

▼破産の手続きは、厳密にいうと、破産手続と免責手続の2つに分かれます。

 「破産手続」というのは、裁判所が、財産の状況などを確認して、「借金を払えない状況にありますね」と認定する手続きです。

▼ただ裁判所から「払えない状況にありますね」と認定されても、まだ、法律的には、借金を支払わないといけません。

そこで、「免責手続」すなわち、裁判所が、「借金を払わなくていいですよ」と認める手続きが、破産手続に引き続いて行われます。

そして、裁判所から、「免責許可決定」を受ければ、法律的にも、借金を支払わなくてよくなるわけです。

少し難しいですが、一般に「破産」という場合には、このように、「破産手続」と「免責手続」の2つの手続きを合わせていう場合が多いということはよく覚えておいてください。 

▼手続き的には、破産手続開始の申立てを行えば、免責許可についても申立てがあったものとみなされますので、別々に2つの申立てをする必要はありません。

この点についても、ご相談時に詳しくご説明申し上げます。

 

▼ただ、免責許可決定を受けても、支払わないといけないものもあります。

税金社会保険料の滞納金、意図的に人をケガさせた場合などの損害賠償金離婚相手に支払う養育費などは、免責を受けても、支払わないといけません。

 

4・免責不許可事由

▼法律(破産法)には、免責が許されない事情についても定めてあります。

  • 債権者(貸主)を害する目的で、自分の財産を隠したような場合
  • 浪費やギャンブルで財産を減らしたり、借金を増やしたような場合
  • クレジットで商品を購入し、すぐにその商品を業者に転売して現金化したような場合
  • 既に債務を返すことができない状態であるのに、そのことを隠してお金を借りたような場合
  • 免責の申立前7年以内に免責許可の決定を受けたことがある場合
  • 裁判所に提出する書類に、嘘の内容を書いた場合などです。

このような事情がある場合、原則的には、免責許可決定、つまり借金を払わなくて良いという決定は出されないことになっています。

▼ただ、こうした事情があっても、例外的に、裁判所の判断により、債務の一部を支払うことで、残りの債務については免責される場合もあります(裁量免責といいます)。

 

以上、難しく感じるかもしれない破産手続きの制度について解説いたしました。

また、名古屋駅の弁護士・債務整理の無料相談にいらっしゃった際に、細かくご説明申し上げますので、お気軽にご相談にお越しください。

 

片山総合法律事務所・無料相談のご予約はこちら

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。無料相談のご予約はお電話・ネットにて受け付けております。

片山総合法律事務所受付

お気軽にご予約下さい!

初回無料法律相談
  • 過払い金を請求したい!
  • 債務の整理を進めたい!
  • 交通事故の示談交渉を任せたい!

名古屋駅徒歩3分の当事務所での法律相談です。

ご予約をお待ちしております。

お電話でのご予約はこちら

片山総合法律事務所

予約専用電話

予約受付:

平日のみ10:00~17:30

※電話相談は行っておりません。

受付時間:10:00~17:30(平日のみ)

※電話相談は行っておりません。

ご予約申込はこちら!

片山総合法律事務所入り口

片山総合法律事務所

052-533-3555

◆お電話でのご予約受付
 平日10:00~17:30
※ご予約専用電話です。電話での相談は行っておりません。

ネット予約はこちら

片山総合法律事務所

片山総合法律事務所受付

お電話でのご予約

052-533-3555

ご予約はお電話・ネット予約にて受け付けております。

事務所名

片山総合法律事務所

サイト名

名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の無料法律相談

弁護士名

片山 木歩
(愛知県弁護士会所属)

住所

愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9堀内ビル2階

アクセス

JR名古屋駅   徒歩3分
地下鉄名古屋駅  徒歩3分
名鉄名古屋駅   徒歩4分
近鉄名古屋駅   徒歩4分

営業時間

午前 10:00~12:00
午後 13:00~17:30

休業日

土曜日・日曜日・祝日

事務所概要はこちら

弁護士ごあいさつ

弁護士片山木歩~片山総合法律事務所

弁護士 片山 木歩

愛知県弁護士会所属